Laid Back Picnic

東京中心のピクニックやカフェを楽しむ甘党

 外出自粛中は、おうちカフェを中心に発信中!

雨の日はアウトドア準備◆100均で簡単DIY編『リメイクシート 貼れるタイプ 木目ブラウン No.26』 / DAISO

ブログ記事タイトル

リメイクシートで簡単DIY!
キャンプやピクニック予定が雨になったら、いつもの道具をちょこっとデコってみない?
これから梅雨に向けて、お家でアウドドア気分を盛り上げよう。
表面が平らな蚊取り線香缶は初めてのDIYにぴったりだよ。

 

 

ダイソーのリメイクシートについて

現在ダイソーをはじめとした100円ショップで数多くのリメイクシートが販売されている。
今回使うのはダイソーの『リメイクシート(木目調、80cm×30cm、ブラウン)No.26貼れるタイプ
公式サイトに全種類見当たらないので、購入した人のブログを検索すると30種類以上ある模様。

ウッド調・タイル調・レンガ調など様々で100円~300円(税別)で販売されている。
私が売り場で見かけたサイズは80cm×30cmと、27cm×90cmの2種類。
そのなかで注意したいのは『貼れるタイプ』と『貼ってはがせるタイプ』があること。

貼ってはがせるタイプ』は文字通り貼ったあとに剥せるが、粘着力は弱い。
貼れるタイプ』は剥すことを前提としていないので、粘着力が強く下地が剥がれる可能性がある。
ダイソーの商品はどちらも裏が1cm方眼になってるから、四角く切り出しやすい。

 

80cm×30cmの濃い木目調の色味

リメイクシート 貼れるタイプ 木目ブラウン No.26

商品名:リメイクシート(木目調、80cm×30cm、ブラウン)
JANコード:4549892065330
サイズ:約80cm × 約30cm
素材:塩化ビニル樹脂、アクリル接着剤

購入価格:100円(税込110円・10%)
 リメイクシート(木目調、80cm×30cm、ブラウン) | 【公式】《まとめ買いなら》DAISOオンラインショップ

 

実は使おうと思ってダイソー購入したリメイクシートは2種類あった。

  1. リメイクシート(木目調、80cm×30cm、ブラウン)110円(税込・10%)
    素材:塩化ビニル樹脂、貼るタイプ
  2. mt リメイクシート New Type 木(90cm × 27cm)330円(税込・10%)
    素材:紙、貼ってはがせるタイプ

 mt リメイクシート New Type 木 | 【公式】DAISO(ダイソー)ネットストア

①は貼るタイプで、②はマスキングテープの『mt』とのコラボ商品で貼ってはがせるタイプ。
そして素材の違い。
どちらも水はNGの商品だけど塩化ビニル樹脂の強度の違いは大きいはず。
今回は剥す必要のない場所ということもあって、①の塩化ビニル樹脂貼るタイプのリメイクシートで挑む!

 

リメイク!蚊取り線香の缶

用意するもの

  • リメイクシート
  • ハサミ or カッター
  • 蚊取り線香缶

必要に応じて、カッターマットや定規、ラジオペンチを用意。
今回使用するのは『金鳥の渦巻 蚊取り線香 30巻缶』。

取っ手が付いたタイプの缶

金鳥の渦巻 蚊取り線香 30巻缶

 

作り方

  1. 缶の取っ手を外す

    取っ手のツメを缶の内側からつまむ

    缶の内側

    取っ手のツメを缶の内側からラジオペンチで摘まむと外しやすい。

  2. 缶の高さを測り、リメイクシートをまっすぐに切り出し缶の側面に貼る
    貼るときは剥離シートを少しずつ引きながら、表面から空気を押し出すように進めると綺麗に仕上がるよ。
    1周まわった最後は少しリメイクシートを重ねてからカッターで切ると継ぎ目が目立たない。
  3. 取っ手を取り付ける穴の部分のリメイクシートに切り目を入れる

    リメイクシートを貼ったあとでも光をかざすと穴の位置が分かりやすい

    光にかざすと穴の位置が見える

    リメイクシートを貼ったあとでも光をかざすと穴の位置が分かりやすいよ。
    カッターで穴の上から十字に切り込みを入れるだけでもOK。
    缶上部のフチまでシートを貼らないのは、蓋を閉めるため。

  4. 取っ手を取り付けたら完成

    缶の側面が木目調になった

    完成

フタにもリメイクシートを貼るつもりだったけど、この手の昭和を感じるレトロなデザインが好きなので残すことにした。
蚊取り線香をセットしてみると、ほら良い感じ!

缶の蓋が蚊取り線香皿になっている

蚊取り線香の乗せる

蚊取り線香缶の蓋を裏返すと線香皿として使える。
でも、このまま使わないで!

使用上の注意
  • 水で濡らさない
  • 冷や熱源のそばに置かない
  • 原状復帰が必要な場所に使用しない

パッケージ裏にある注意点14項目のうちの3点を抜粋。

火をつけるときは線香皿を下して使うよ。
同じリメイクシートを家で使ってたミニテーブルのリメイクに使ったんだけど、汚れが目立たない色味だから使いやすくてお気に入り。

色んなものにリメイクシートを活用すると、統一感のある自分だけのグッズになる。
ちょっと検索してみると、蚊取り線香缶を塗装をはじめ色んなデコレーションしてる人がいて見てるだけでも楽しめるよ。
雨の日でも、お出掛けすること考えれば楽しくなる!

 

店舗情報

 

ふがしのおはなし(裏話)

仏壇のない家で育ったけど、なぜかお線香や畳、マッチの香り子供の頃から大好きなんだよね。
電気や電池式の殺虫機はあっても、蚊やり豚を使って蚊取り線香に火をつけてる。

この蚊取り線香缶のリメイクも気分を盛り上がるために、和室に移動して作ってみた!

 

お題「手作りしました」:蚊取り線香缶リメイク
お題「ささやかな幸せ」:自分だけのグッズ
お題「わたしの癒やし」:蚊取り線香の香り
お題「気分転換」:いつもと違うグッズ

↓ 最後まで見てくれて ありがとう😊 共有ボタンやスターは、下にあるよ!