Laid Back Picnic

東京中心のピクニックやカフェを楽しむ甘党

 外出自粛中は、おうちカフェを中心に発信中!

焼きたてレモンパイに出会えた! / 洋菓子レモンパイ @浅草

メレンゲの層が厚いレモンパイ

店名が『レモンパイ』だなんて自信がある証拠。
しゅわっと溶けるメレンゲ、表面の焼きめからはメレンゲの香りとほんのり歯ごたえも楽しめる。かろやかなレモンの酸味に、さっくりパイ生地。
はい、浅草へいってらっしゃ~い!

 

 

田原町駅から徒歩2分の『洋菓子レモンパイ』

1981年創業の洋菓子店は、店名がそのものズバリ『レモンパイ』。
もちろん人気商品は『レモンパイ』で、売り切れることもしばしばある

実はオープン時間もろくに調べずに行ってしまったのに、オープンの時間に入れるというミラクルで焼きたて食べちゃった。

 

お菓子の神様ありがとう!

知ってますか?日光にお菓子の神様と言われる『 田道間守命 たじまもりのみこと 』が祀られている。
私は過去2回訪れているよ。

 

洋菓子レモンパイ』は田原町・浅草・蔵前から徒歩圏内、建物の黄色い屋根を目印にすると見つけやすい。

黄色い屋根が目を惹く

洋菓子レモンパイ

営業は12:00からとゆっくりなので、以前紹介した『ペリカンカフェ』で少し遅めのモーニングを楽しんだ後に行くとちょうどいい感じ。

関連記事

www.lbpicnic.tokyo

 

11:50に店に着くとシャッターが下りていて、初めて12:00オープンに気づくという呑気さ。
こんな時はDQウォーク(ドラクエウォーク)でもすればいいだよ。

 

シャッターが開いたので、1番乗り。
お店で食べられるか聞いてみると、テーブルはあるけどカフェではないためドリンクメニューがないんだって。
でも、ドリンク持ち込みOK!
店の向かい側と、隣の駐車場に自販機があるよ。 

ケーキのショーケースと、小さなテーブルがある店内

店内

こんな感じで店の端にテーブルとイスがあって、3席くらいかな。
店内で食べたいときは少人数で訪れるべし!

 

予約について

売り切れることも多い『レモンパイ』は店頭販売のみで取り寄せは不可だけど、電話予約は可能。

必ず欲しい方は事前に問い合わせてみてね。(後述の店舗情報に電話番号あり)

 

メレンゲが上品な焼きたて『レモンパイ』

レモンパイはホールでも購入できるし、カットは1/4・1/6の2サイズ。

価格

※2019年9月に訪れました

レモンパイ 1/6サイズ 300円(税込・8%)

 

角地なので、窓2面からふりそそぐ太陽の光で明るい店内。

メレンゲたっぷりのレモンパイ

レモンパイ 1/6サイズ

なんと!食べた時にはまだ温かかった。
このメレンゲの高さ、期待できる。

評価

甘さ:★★★☆☆

レモンの風味:★★★★☆

FUGASHIの好み:★★★★★

ふわふわのメレンゲは甘さ控えめで、表面の焼き目がまるでマシュマロを焼いたときのようなハシュっとした食感。
極度の甘党にとっては、全体的に甘さ控えめに感じる。
レモンの酸味もしっかり効いていて、酸味マニアでもあるFUGASHIにはどストライクのケーキだった。

 

レモンパイは常温で持ち歩けるそうなので…

ピクニックに持って行っちゃおう!

 

店舗情報

洋菓子レモンパイ

(2019年10月現在)
 東京都台東区寿2-4-6
03-3845-0581
 12:00〜18:30
 日曜・月曜
 3席(ドリンクメニューなし)
 http://www.lemonpie-asakusa.com/

 電車

田原町駅:エレベーター口(上野・渋谷方面行)から徒歩2分(東京メトロ:銀座線)
浅草駅:A4番出口から徒歩11分(都営地下鉄:浅草線 / 東京メトロ:銀座線 / 東武スカイツリーライン)

 

お題「今日のおやつ」:レモンパイ 

↓ ありがとう😊 共有ボタンやスターは、下にあるよ!