Laid Back Picnic

東京を中心に、のんびりピクニックしてるよ

【便利グッズ】ミニトート1つでピクニック

8月より英語版『Laid Back Picnic - English -』はじめました。
English blog 『Laid Back Picnic - English -』 started in August!

 06-08-2019

f:id:LBpicnic:20181111233449j:plain

カワイイものが好きなら、カラフルなものが好きなら、ピクニックにも持っていきたくなっちゃう。

でも、車やバイクで行くのではなく電車で行くとしたら、諦めますか…そのグッズ。

あきらめないで!

私は、大きい時は25Lリュック、小さいときはミニトートでピクニックに出かけます。

そんな私が何度も使っているものをご紹介。

※ 商品サイズは、メジャーを使用した実測です。

 

 

食器編

例えばコーヒーをテイクアウトしたり、サンドイッチを食べるだけであれば持っていく必要ありません。

少し取り皿が欲しい程度であればペーパーナプキンや、ワックスペーパーでも代用できます。正直これが一番荷物にならない方法です。

ただ、軽いものほど風に弱いので一時的な利用以外ではオススメしませんが、心地良い時間を過ごしたい時はこんなアイテムを使ってみない?

 

ランチポットM

f:id:LBpicnic:20181110011125j:plain

こちらは、ピクニックのために買ったわけではないのですが結果的に一番活躍しています。

完全密封ではありませんが、パッキンがついているのでオヤツやフルーツを入れるのに便利なサイズ。

販売100円ショップのSeria(セリア)

サイズ:約9.8cm×約8cm×約5.3cm(108円・税込)

 

f:id:LBpicnic:20181110011144j:plain


この日は、ブルボンのプチシリーズを入れています。

左の赤いランチポットには、プチポテト。右の白いほうは、大人プチくるみのブラウニーです。

他にも、ドライフルーツやナッツを持ち歩くときも便利!

 

アボカドタッパ

f:id:LBpicnic:20181110011316j:plain

これはもう一目ぼれ💕

密封性もなく、食べ物を入れたら汁漏れします!きっと漏れると思って買ったら案の定です。

それでも大きさも手頃で、一般的なお弁当箱より深めなので思ったよりも内容量は多め。

販売フライング タイガー コペンハーゲン | Flying Tiger Copenhagen 

サイズ:約15.2cm×約10.5cm×約5.9cm(記憶では 162円・税込)

 

f:id:LBpicnic:20181110011332j:plain

料理には自信がないのでお弁当の中身の画像は加工しています。

 小ぶりのお茶碗1杯のご飯をいれて、このくらいです。

 

 

 

スターバックス リユーザブルカップ

f:id:LBpicnic:20181110011429j:plain

こちらは、2017年デザインです。

オシャレな陶器のカップも良いのですが、リユーザブルカップのほうが軽くて持ち歩くのに便利なうえ、蓋つきです。

ピクニックは屋外なので、カップになにか入ってしまう事も防げるし、倒してしまった時に中身が一気にこぼれずに済みます。

 

ほかには小さめのホーローカップや、タンブラーを持っていくのも好き。

サイズ:約8cm×約8cm×約11.8cm(価格不明)

 

木製のお皿

f:id:LBpicnic:20181110011500j:plain

 紙皿やプラスチック皿は風があると飛んでしまう、そこで行きついたのが木製のお皿でした。

コーティングを施していないタイプなので、自分でオイルを塗ってみた。

とはいえ、食べ物をのせるので深く考えず…サラダ油でコーティング。香りも気にならない程度だったから正解かな。

販売3COINS(スリーコインズ)

サイズ:約20cm×約12.1cm×約1cm(324円・税込)

 

なくても良いけど、あると便利!

ペーパーナプキン(紙ナプキン)

f:id:LBpicnic:20181110011514j:plain

カップが熱いときは包んでみたり、お皿のかわりにもなるし、なにより広げるだけで華やかになる! もちろんティッシュの代わりにも使えるので、持って行ったカップやカトラリーを最後にふき取るのも良いですよ。

100円ショップや、IKEA、フライングタイガーなどで、大体100~200円を中心にいつの間にか集めてしまう。

でも、汁漏れしそうな入れ物でお弁当と作るときなど、お弁当箱の上にのせておくと水分を吸ってくれるので何かと使えちゃいます。

 

何種類か持っているなら、それぞれ1枚ずつ持って行くと写真を撮るときにも役立ってくれる!

 

木製トレー

f:id:LBpicnic:20181110011906j:plain

ちょっとカップを置きたい時に、かなり使える! 芝生や土の上だと、カップを立てるのが意外と難しいんです。

それまでは小さなテーブルを利用していましたが、これが地味に重い。

電車でいくピクニックのような、持ったまま移動するときには全然向かない。

 

そんな時に見つけたのが、木製トレー。本来はディスプレー用なので使うときは自己責任になりますが、私の場合カップを乗せたまま持ち上げるようなことはしないようにしています。

フチがしっかりあるので、トレーが傾いているときにもカップが滑り落ちないのが良い!

たまたまですが、この木製トレーに先ほどの木製のお皿が収まる完璧なサイズでした。

販売:silk(シルク) 株式会社ワッツ 100円ショップ

サイズ:約23.1cm×約15cm×約2.1cm(108円・税込)

 

まとめてミニトートに入る

木製トレー、木製のお皿、ランチポットMを2つ、リユーザブルカップと、薄手のレジャーシートも一緒にミニトートバッグ(お弁当などが入るサイズ)に入ります。

※ アボカドタッパは入りません

ランチをテイクアウトすれば小さなトート1つで出来ちゃう。これ、かなりピクニックのハードルを下げる気がする。

 

ではまた次のピクニックで!

 

この記事の英語版

English article

en.lbpicnic.tokyo

 

↓ ありがとう😊 共有ボタンやスターは、下にあるよ!