Laid Back Picnic

東京を中心に、のんびりピクニックしてるよ

 Click here for English blog

【長命寺桜もち】関東の桜もちが生まれたところ / 長命寺桜もち 山本や @向島

English blog 『Laid Back Picnic - English -』 started in August!

update:14-10-2019 更新履歴

三枚の葉につつまれる桜もち

桜もち』も花見の季節には食べたくなります。

せっかくなら、桜もち発祥といわれる店で楽しんでみない?

 

今週は 『お店で楽しむお花見フード&ドリンク』 の食レポ&飲レポ。

第一弾:お店にも桜がいっぱいの『サクラモンブラン

第二弾:ピンクのタピオカラテ『サクラバブルラテ

第三弾:300年前の老舗『長命寺桜もち

第四弾:ピンクのバーガー『サクラバーガー

 

 

長命寺桜もちとは

隅田川沿いにある、長命寺の門前にある創業300年の老舗。

関東風の桜もちが生まれた場所と言われています。

一年中、桜もちだけを販売している『桜もち専門店』なんですよ。

 

隅田川の桜が咲く頃は、一時間以上並ぶこともあるので開花の季節は予約がおすすめ。

通常はお店のなかでいただけますが、桜の季節前後は持ち帰りのみとなりますのでお店に確認してください。

2019年3月2日に訪れた際は、すでに店内で食べられず持ち帰りのみでした。

でも、目の前には隅田川! お天気の良い日はぜひ隅田川沿いで楽しんでね。

 

『長命寺桜もち』は添加物を一切使用していないため、時間とともに固くなってしまいます。

ぜひ食べきれる分だけ購入してください。

私がひとりで食べるときは、ふたつ買って隅田川沿いのベンチで食べちゃいますよ。

 

桜もちを楽しむ

初めて見るかたは、まずその大きさに驚くでしょう。

よく見る『桜もち』より断然大きい!

さらに一つの桜もちは、塩漬けの大振りな桜葉三枚に覆われています。

この桜の葉はオオシマザクラだそうです。

これだけ葉が多いと食べ方に戸惑う方も多いと思いますが、私は葉を一枚一緒に食べます。

お店では葉をはずして香りを楽しむことをオススメしているようですが、好みで楽しめばいいみたい。

 

一般的な桜もちより大きな桜葉

長命寺山本や『桜もち』

食べてみると分かるのは、桜の葉の香りが良さ。

そして、あっという間に固くなってしまう桜もちも、三枚もの葉に包まれているお陰で、しっとり。

ラップのない時代の知恵ですね。

桜の葉の香り付けと、乾燥防止の一石二鳥。

 

皮は白く、さほど甘さはありません。。

上品に炊かれた餡のお陰で、いくつでも食べられちゃうんだな~。

 

店舗情報

長命寺桜もち 山本や

 東京都墨田区向島5-1-14

 8:30~18:00

 月曜定休

 https://sakura-mochi.com/

 電車

引舟駅:西口から徒歩12分(東武スカイツリーライン / 東武亀戸線)

 スカイツリー:17分

 

更新履歴

22-03-2019

 【冒頭の挨拶】に、『長命寺桜もち』と『サクラバーガー』をリンク

 【Can you check this out?】同じ週の別記事リンク

14-10-2019

 英文削除

 

お題「今日のおやつ」 :桜もち 

↓ ありがとう😊 共有ボタンやスターは、下にあるよ!