Laid Back Picnic

木陰でもたれるように、のんびりピクニックしよう

ハラマキの進化

黄色と緑色の腹巻き

寒がりだからこそ、誰より防寒対策には詳しい!

寒ければ着れば良いなんて言ってる人には分からない、寒がりのためのアイテムについてお話します。

 

なんでここで紹介されるのか…って、思いましたか?

それはピクニックに使えるから!

春や秋でも日が暮れると冷えてくるので、そんな時に使っています。

 

 

腹巻きは昭和のイメージ

これこそが、私がなかなか使わなかった理由です。

モコモコしていて、オシャレとは程遠いイメージがありました。

そもそも人に見せて使うものではないので、目にするチャンスがなかったのかもしれません。

そんな時、下着や部屋着で有名なお店『ウンナナクール』で見つけたんです!理想の防寒着を。

ウンナナクール(unenanacool)公式サイト|店舗|通販

 

 

切り売りハラマキ

 えっ? 正直、一瞬理解できなかった。

なんと、これ10cm単位の切り売りしてくれるハラマキだった!

自分の使いやすいように、体に合わせて長さを選べば良いってことね。

さらによく見ると発熱素材でした。

 

体の水分を利用して暖かさが増すっていう、あの有名なヒートテックと同じ仕組みなわけか。なんて心強い!

 

生地

さっそく買ったのは40cm

やわらかくて、伸縮性もあり、肌ざわりも優しい。

厚さ測定できるものがないのですが、薄手と感じるくらいです。

 

機能性

確かにウォーキングしてみたところ、ハラマキを使っていない時よりもポカポカします。

使っていて暑くなった時に、ハラマキならではの長所を発見!

腹巻きの上部を、外側にめくる…ハラマキをしている状態で、ふたつ折りするんです。

お腹周りが涼しいと、だいぶ体感温度が変わります。

 

便利な使い方

胸の上まで引き上げればチューブトップのように使える。

これは思いつかなかったわ~。

実は2枚目を買いにいった時、店員さんに教えてもらいました。

さっそく、2枚目は50cmにしてみましたが、私にはとても使い勝手の良い長さでした。

腰回りをつつむ位置で、スカートの下に使うこともあります。

 

私は無地を使っていますが、今年のデザインを見ていると違う色や柄がでています。

色だけでも可愛い元気なもの、色はおとなしく柄で楽しむようなデザインも!

ワンピースの時にも使えるような、もっと長いハラマキも買ってみようかな。

 

 

でも、なんでハラマキなの?

それは内臓が冷えるからです。

体の発熱量の多い人には分からないと思いますが、冷えが体の芯まで届くのは腹痛も伴う辛さ。

もちろん冬になれば、長袖インナー+ハラマキ+秘密…などなど、周りに気づかれないスペシャルな重ね着をしています。

 

日本よりも寒い国の冬には、コートのなかに薄手のダウンを着たりすることもありました。

そんなFUGASHIの防寒グッズのひとつなので、紅葉狩りや寒い場所にいくときにも活躍することでしょう。

 

それでは次のピクニックで!

 

今週のお題「紅葉」